イベント  

 

七草がゆを食べよう!

 1月7日は五節句の一つ「人日」の節句です。風土記の丘周辺で冬の野に隠れた春の七草を探してみましょう。散策後は1年の無病息災を願って、七草がゆを味わいます。昔の暮らしを思い浮かべながら、奈良時代の古代家屋で囲炉裏を囲んで楽しんでみませんか。

開 催 日:平成29年1月7日(土)
開催時間:9:30〜12:00
会  場:島根県立八雲立つ風土記の丘
費  用:参加費200円
定  員:先着20名(要申し込み)
      *定員になり次第締め切らせていただきます。
内  容:春の七草のお話
     春の七草を探しに行こう
     七草がゆを味わおう
準  備:散策できる服装(防寒具など)
申し込み方法:下記の項目を申し込みの際にお知らせください。
       〇臆端垰疚将⊇蚕雖E渡暖峭罩ぢ膺佑泙燭六匐 奮愬)
申 し 込 み 先:島根県立八雲立つ風土記の丘(松江市大庭町456)
        (指定管理者:公益財団法人しまね文化振興財団)
        TEL:0852−23−2485 FAX:0852-23-2429

報道発表資料

 

オリジナル絵馬づくり

 八雲立つ風土記の丘では、新春イベント「オリジナル絵馬づくり」を1月2日(月)から1月9日(月・祝)まで開催いたします。
 オリジナルの絵馬をつくってみませんか。ハート形の絵馬に千代紙、カラフルなペンやキラキラのビーズを使って模様をつけ、一緒に夢やお願いごとを書いてみましょう。出来上がったら木の枝につるし、銅鐸を鳴らして1年の幸せを願います。

開 催 日:平成29年1月2日(月)〜1月9日(月・祝)
開催時間:9:00〜17:00
会  場:島根県立八雲立つ風土記の丘展示学習館(松江市大庭町456)
費  用:200円
定  員:先着20名 *ハート形の絵馬がなくなり次第終了します。
参加方法:随時受付(事前申込不要)*展示学習館受付にお申し出ください。
問い合わせ:島根県立八雲立つ風土記の丘(松江市大庭町456)
      (指定管理者:公益財団法人 しまね文化振興財団)
      TEL:0852−23−2485 FAX:0852-23-2429

報道発表資料

 

 

終了したイベント

ふどきのおか日和 2016

茶臼山周辺の秋を満喫する17の小さなイベント「ふどきのおか日和 2016」。

今年の開催期間は、10月2日(日)〜11月23日(水・祝)です。

詳細は下記をご覧ください。

ふどきのおか日和 2016 特設ページ

第10回 国府まつり

 旬の幸が入った国府汁(豚汁)の無料配布(12:00〜先着100名様)や地元大草のとれたて新鮮野菜、おでん、綿菓子、ポップコーン、パンの販売など食欲の秋を楽しみましょう。火起こしや勾玉づくり体験、出雲神話の紙芝居や日本海の石に似顔絵を描く子供アートギャラリーなど芸術の秋を満喫してみませんか。
 また、ステージイベントとして、立正大学淞南高等学校のマーチングバンドや江藤健一氏によるアコースティックギターの演奏で、素敵な時間をお楽しみください。
 当日は出雲国府跡の発掘調査現場も見学できます。

開 催 日:平成28年10月23日(日)
開催時間:10:00〜14:00(小雨決行)
会  場:史跡公園 出雲国府跡(松江市大草町)
費  用:入場無料(一部有料ブースあり)
内  容:■国府汁無料提供 12:00〜(先着100名様)
     ■大草の農産物、おでん、綿菓子、ポップコーン、焼きそば、パン販売他
      ■ステージイベント
        立正大学淞南高等学校マーチングバンド 11:00〜
        江藤健一氏によるアコースティックギター 13:00〜
     ■子供アートギャラリー 
     ■出雲神話の紙芝居 12:30〜
     ■火起こし体験、勾玉づくり、弓矢で射的
     ■出雲国府跡 発掘調査大公開(発掘調査現場見学会)
       (1)10:20〜11:00(2)13:00〜13:40 
協  力:大草自治会、営農組合「おおくさ」、出雲國まほろばガイドの会
      島根県教育庁文化財課、ボランティア菜の花、松南ブロック公民館
      島根県立古代出雲歴史博物館、出雲国府跡整備地出雲国府を守る会
      出雲国府跡未整備地草刈りの会
主催・問い合わせ先:島根県立八雲立つ風土記の丘(松江市大庭町456)
                   (指定管理者 公益財団法人しまね文化振興財団)

報道発表資料

 

第32回 月の宴 秋の風土記の丘 雅楽の夕べ〜

 今年の古代の風韻コンサートは、山陰雅楽舎 雅楽烏による「雅楽」の公演を行います。

 雅楽は、千年以上前から綿々と受け継がれてきた日本最古の古典音楽です。音楽、舞や歌など古典芸能の世界をご堪能ください。また公演に先立ち、山陰雅楽舎 雅楽烏の皆さんを講師に迎え、子ども向けワークショップ「はじめての雅楽」も企画しています。親子で楽しみながら、解説や楽器体験と実演をとおして雅楽に触れてみましょう。
 当日は、バイオリン&チェロ演奏やお茶席・そば席も楽しめ、涼やかな秋の夕べをかがり火に照らされながら、満喫してみませんか。

開 催 日:平成28年9月18日(日)
開催時間:14:00〜19:00
会  場:島根県立八雲立つ風土記の丘
費  用:入場無料
内  容:14:00〜15:00 子ども向けワークショップ「はじめての雅楽」
             会場:休憩舎 定員20名(要申し込み、無料)
          15:00〜17:00 お茶席・そば席・軽食コーナー(有料)
          15:30〜16:10 バイオリン&チェロ演奏会(会場:ガイダンス棟、無料)
                         出演:勝部恵美子氏(バイオリン)、植田菜穂氏(チェロ)
          17:00〜19:00 古代の風韻コンサート(会場:休憩舎、無料)
               ◆雅楽 出演:山陰雅楽舎 雅楽烏
                   演目:管絃/越殿楽 舞楽/蘭陵王 催馬楽/更衣
主  催:島根県立八雲立つ風土記の丘、風土記の丘友の会、公益財団法人しまね文化振興財団
協  力:公益財団法人安部榮四郎記念館
備  考:公益財団法人エネルギア文化・スポーツ財団助成事業
問い合わせ・申し込み先:島根県立八雲立つ風土記の丘(松江市大庭町456)

報道発表資料

 

イオン松江店 古代のアクセサリーをつくろう!の開催について

 八雲立つ風土記の丘では、平成28年8月11日(木・祝)にイオン松江店にて「古代のアクセサリーをつくろう!」を開催いたします。
  オーブン粘土やプラスチック粘土を使ってアクセサリーを作ってみませんか。勾玉や管玉などの古代出雲のアクセサリーのほか、銅鏡型マグネットなど自由な発想で挑戦してみましょう。

開催日時:平成28年8月11日(木・祝)10:00〜15:00
会  場:イオン松江店 新館1階吹き抜け広場
     (松江市東朝日町151)
費  用:オーブン粘土   参加費300円
プラスチック粘土 参加費100円
備  考:先着順。当日会場へお越しください。数に限りがございます。
       ミニ企画展「古代出雲のアクセサリー」関連イベント
主  催:島根県立八雲立つ風土記の丘
問い合わせ先:島根県立八雲立つ風土記の丘(松江市大庭町456)

報道発表資料

 

土器づくり

 こねた粘土をひも状にして積み上げ、形をつくったあとは好きな文様をいれます。ヘラを使って線を引いたり、縄をころがし縄目模様、貝殻や竹などを押して土器を素敵にデザインしてみましょう。出来あがった土器は、1か月間自然乾燥させてから野焼きでじっくり焼き上げます。
 夏休みの思い出に、古代のものづくり体験にチャレンジしてみませんか。

開催日時:平成28年7月17日(日)9:30〜12:00 定員に達しました
         7月24日(日)9:30〜12:00 定員に達しました
     【*土器野焼き8月20日(土)終日】
会 場:島根県立八雲立つ風土記の丘展示学習館
費  用:参加費500円
定  員:各日20名(要申し込み)
内  容:土器のお話
     土器づくり
準 備 品:タオル、汚れてもよい服装
備  考:土器の受け渡しは8月20日(土)16時以降です。
     野焼きのため、割れることがありますのでご了承ください。
申し込み方法:下記の項目を申し込みの際にお知らせください。
       〇臆端垰疚将⊇蚕雖E渡暖峭罩ぢ膺佑泙燭六劼匹癲奮愬)   
申し込み先:島根県立八雲立つ風土記の丘

報道発表資料

 

夏の風土記植物園教室〜植物園散策と健康茶づくり〜

 風土記植物園は、奈良時代の書物『出雲国風土記』記載の植物を集めた全国でも珍しい植物園です。太陽がまぶしい夏は、鮮やかなオレンジ色が目をひくヒオウギ、黄色の小花が可愛いミツモトソウや桃色の可憐なカワラナデシコなどが咲いています。散策後は、木陰で健康茶づくりを行います。乾燥させた葉を鍋で炒り、香ばしい香りの茶葉の出来上がりです。また季節ジュースの試飲会も行います。
 緑の自然の風土記の丘を楽しんでみませんか。

開 催 日:平成28年7月23日(土)
開催時間:10:00〜12:00
集合場所:島根県立八雲立つ風土記の丘展示学習館ロビー
費  用:参加費300円
定  員:先着20名(要申し込み)  
内  容:夏の風土記植物園の散策
     季節ジュースの試飲会
     健康茶づくり(十薬〔ドクダミ〕茶)
準  備:散策できる服装
申し込み方法:下記の項目を申し込みの際にお知らせください。
       〇臆端垰疚将⊇蚕雖E渡暖峭罅   
申し込み先:島根県立八雲立つ風土記の丘(松江市大庭町456)

報道発表資料

 

風土記の丘史跡ウォーク〜意外と身近な!?古墳めぐり〜

 住まいのすぐそばに古墳や遺跡が点在している風土記の丘。初夏の心地よい風に吹かれながら歩いてみましょう。金鶏伝説のある大庭鶏塚古墳、古代寺院の山代郷北新造院跡や松江内陸工業団地の中にある十王免横穴墓群など、意外と身近なところに遺跡は存在しています。また「見返りの鹿埴輪」が出土した平所遺跡窯跡の所在地も訪ねます。学芸員のガイドを聞きながら、古墳めぐりをしてみませんか。

開 催 日:平成28年5月28日(土)
開催時間:13:00〜15:00(集合時間は12:50)
集合場所:ガイダンス山代の郷(松江市山代町470-1)
費  用:参加費200円
定  員:先着30名(要申し込み)
コ ー ス:ガイダンス山代の郷−大庭鶏塚古墳−十王免横穴墓群−平所遺跡窯跡−山代方墳−山代二子     塚古墳−ガイダンス山代の郷(約5km)
準  備:ウォーキングができる服装、飲み物、また必要に応じて虫よけ、帽子、タオルなどをご準備     ください。
備  考:雨天中止(ただし、小雨の場合、当日朝決定します)
      終了時間は多少前後いたしますのでご了承ください。
申し込み方法:下記の項目を申し込みの際にお知らせください。
       〇臆端垰疚将⊇蚕雖E渡暖峭罩ぢ膺佑泙燭六匐 奮愬)のどちらか 
申し込み先:島根県立八雲立つ風土記の丘(公益財団法人しまね文化振興財団)

報道発表資料

 

こどもまつり

 火起こし、勾玉、古代衣装、銅鏡型マグネット、缶バッチづくりなど古代体験をしてみませんか。園内を巡るクイズラリー、風土記植物園の観察(解説付き)やタケノコ掘りも企画しています。音楽と紙芝居が楽しい「よしととひうたの新感覚紙芝居」では、みんなで元気に盛り上がりましょう。また、ピザ、綿菓子、かき氷、ねぎ焼きなどの美味しい屋台も出店します。

 新緑の風土記の丘を親子で満喫してみませんか。

【開 催 日】 平成28年5月5日(木・祝)
【開催時間】 10:00〜15:00(小雨決行)
【会   場】 島根県立八雲立つ風土記の丘
【費   用】 入場無料(一部有料コーナーあり)
【内   容】
・古代の技術にチャレンジ! ・・・ 火起こし・古代衣装・竹細工(無料)
                 銅鏡型マグネット・勾玉・缶バッチ(有料)
・ふどきのおかクイズラリー ・・・ クイズに答えて園内をめぐって景品をゲット!
・風土記植物園を観察しよう! ・・・ 13:00〜13:30定員20名、要予約(無料)
・タケノコ掘りを体験しよう! ・・・ 13:30〜14:30 定員20名、要予約(有料)
・よしととひうたの新感覚紙芝居 ・・・ 11:00〜11:40(無料)
・松江犬猫の会による啓発展示、フリーマーケット
・屋台コーナー・・・ ピザ、綿菓子、かき氷、ねぎ焼き、おにぎりほか
・出雲かんべの里・・・ 民話館ではこどもの入場無料(プレゼントあり)
【協   力】 出雲国まほろばガイドの会、楡の会、古志原ボランティアの会、出雲弥生の森博物館、松江農林高校、ボランティア菜の花、松江犬猫の会、出雲かんべの里
【主催・問い合わせ先】 島根県立八雲立つ風土記の丘(公益財団法人しまね文化振興財団)

報道発表資料

チラシ(

 

風土記植物園バイモの開花について

 八雲立つ風土記の丘では、奈良時代の地誌『出雲国風土記』に登場する植物を育てています。風土記植物園の春の風物詩「バイモ(母貝)」が開花しましたので、お知らせいたします。
 バイモは、『出雲国風土記』の「秋鹿郡」に「貝母」と記されており、つり鐘状の淡黄緑色の花が下向きに咲きます。中国原産の球根植物で、花びらの内側には網目模様があります。その姿が、虚無僧がかぶる深編笠とユリに似ていることから、別名アミガサユリ(編笠百合)とも呼ばれています。茎は直立し、葉の先端はくるりと巻いており、風で倒れないように周りの植物に巻き付いている様子は、まるで手をつないでいるようです。
 今年は4月中旬頃まで楽しめます。この機会に皆様のご来丘をお待ちしています。

 

【バイモ(別名アミガサユリ)】
 

 

報道発表資料

 

茶臼山登山

 茶臼山(ちゃうすやま・標高171m)は、奈良時代の書物『出雲国風土記』に「かんなび」と呼ばれ、信仰の対象として崇められた神聖な4つの山のうちの1つです。戦国時代には山城として使われました。山頂からは宍道湖・中海が一望できます。茶臼山に登って、春景色の広がる大空間を満喫してみましょう。

*「かんなび」とは・・・「神の隠れこもる」という意味で、かんなび山(神名樋野、神名樋山、神名火山)は、信仰の対象として崇められた特別な山のこと。『出雲国風土記』には4つの「かんなび山」(茶臼山、朝日山、大船山、仏教山)が記載されている。

 

【開 催 日】平成28年4月9日(土)
【開催時間】10:00〜12:00(集合時間9:50)
【集合場所】ガイダンス山代の郷(松江市山代町470-1)
【費  用】参加費200円
【定  員】先着30名(要申し込み)定員に達しました
【内  容】茶臼山登山(片道約20分)、茶臼山の歴史や景観についての紹介
【準   備】登山ができる服装、飲み物、また必要に応じて虫除け、帽子、タオルなどをご準備ください。頂上で昼食をとられる場合は、お弁当をご持参ください。
【備  考】雨天中止(ただし、小雨の場合、当日朝決定します)
【申込方法】下記の項目を申し込みの際にお知らせください。
       〇臆端垰疚将⊇蚕雖E渡暖峭
       ぢ膺諭子供(学年)のどちらか    
【申込先】島根県立八雲立つ風土記の丘(松江市大庭町456)
     (指定管理者:公益財団法人しまね文化振興財団)
     TEL:0852−23−2485 FAX:0852-23-2429
     E-mail:mousikomi@yakumotatu-fudokinooka.jp
     ホームページhttp://www.yakumotatu-fudokinooka.jp

報道発表資料

 

 

過去のイベント

平成27年度

平成26年度

平成25年度

 




All Rights Reserved, copyright (C) 2010, 島根県立八雲立つ風土記の丘