島根県立八雲立つ風土記の丘

    • English (United States)
    • 日本語
    • 한국어
    • 简体中文
  • facebook

お知らせ

2017.07.04

平成29年度 八雲立つ風土記の丘 古代出雲文化発祥の地 ガイド養成講座について

「八雲立つ風土記の丘」展示学習館には、風土記の丘地内出土の遺物をはじめ、『出雲国風土記』写本、重要文化財「見返りの鹿埴輪」など多くの資料が展示されています。地内には岡田山1号墳や全国唯一の風土記植物園もあります。この風土記の丘のあるエリアは「古代出雲文化発祥の地」と言われ、数多くの史跡、社寺、神話が息づいています。この地には観光客のほか、周辺の小学生たちも地域・歴史の学習の場としてこの地を訪れます。

風土記の丘の魅力を伝えるボランティアガイドの養成講座を実施します。

実施期間:平成29年7月15日(土)~平成30年2月10日(土) 全8回

(全8回の講座のうち、第2回以降は公開講座となります。)

受講場所:島根県立八雲立つ風土記の丘展示学習館

受講料:無料(※ただし公開講座は各200円必要です。)

対象:年齢を問わず風土記の丘周辺で活動可能な方。講座終了後、出雲國まほろばガイドの会の一員として活動できる方を募集します。興味のある方は是非ご参加ください。

定員:30名

募集期間:平成29年8月19日まで

申込方法:下記の平成29年度ガイド養成講座チラシ(裏)の受講申込用紙をFAXでお送りいただくか、電話で必要事項をお伝えください。

 

第1回 (申込者のみ) 平成29年7月15日(土) 14:00~16:00

演題:「ガイドに使える風土記の丘の時代解説」

講師:松本岩雄(八雲立つ風土記の丘所長)・高屋茂男(学芸課長)・今井智恵(学芸員)

第2回 (公開講座) 平成29年8月19日(土) 14:00~16:00

演題:「縄文人のくらしと社会~大きく変わった縄文時代のイメージ~」

講師:柳浦俊一氏(島根県埋蔵文化財調査センター職員)

第3回 (公開講座) 平成29年9月9日(土) 14:00~16:00

演題:「推古女帝の誕生と額田部」

講師:吉村武彦氏(明治大学名誉教授)

第4回 (公開講座) 平成29年10月14日(土) 14:00~16:00

演題:「古代人の姿~古代日本の衣服の変遷~」

講師:武田佐知子氏(大阪大学名誉教授)

第5回 (公開講座) 平成29年11月11日(土) 14:00~16:00

演題:「出雲国風土記と神話」

講師:荻原千鶴氏(お茶の水女子大学名誉教授)

第6回 (公開講座) 平成29年12月9日(土) 14:00~16:00

演題:「鏡が語る古代史」

講師:岡村秀典氏(京都大学人文科学研究所教授)

第7回 (公開講座) 平成30年1月13日(土)  14:00~16:00

演題:「古墳時代の装飾大刀が語るもの」

講師:大谷晃二氏(松江北高等学校教諭)

第8回 (公開講座) 平成30年2月10日(土) 14:00~16:00

演題:「出雲東部の古墳」

講師:池淵俊一氏(島根県埋蔵文化財調査センター管理課長)

 

<関連講座>風土記の丘教室

平成29年7月8日(土) 14:00~16:00 演題:「玉から見た古墳時代の出雲」

講師:井谷朋子氏(島根県古代文化センター特任研究員)

平成30年3月17日(土) 14:00~16:00 演題:「考古学からみた出雲と朝鮮半島」

講師:平郡達哉氏(島根大学准教授)

 

<体験指導コース>

風土記の丘で体験できる勾玉づくり・火起こしについて学ぶコースです。希望者は10月22日(日)「国府まつり」に向けて実習を行います。(研修日は後日決定します)

講師:出雲國まほろばガイドの会会員・八雲立つ風土記の丘学芸員

 

※その他上記スケジュール以外に実地研修を行う場合があります。

 

平成29年度ガイド養成講座チラシ(表)

平成29年度ガイド養成講座チラシ(裏)

関連記事