島根県立八雲立つ風土記の丘

    • English (United States)
    • 日本語
    • 한국어
    • 简体中文
  • facebook

講習会CLASSROOM

開催前の講習会

出雲における古墳時代後期から終末期の墓制と、おもに『古事記』にみえる「黄泉国訪問譚」を素材に、学際的研究の最新成果をわかりやすく紹介します。

・講演

「考古資料から見た弥生~古墳時代出雲地方の特質-形成と領域-」

古谷 毅 (ふるや たけし) 氏 (京都国立博物館)

・報告

「黄泉国訪問神話と出雲」

髙橋 周 (たかはし しゅう) 氏 (出雲弥生の森博物館)

「出雲における横穴式石室・石棺式石室石材の化学分析」

亀井 淳志 (かめい あつし) 氏 (島根大学総合理工学部)

「古墳時代墓制としての出雲型石棺式石室の特質」

岩本 崇 (いわもと たかし) 氏 (島根大学法文学部)

・パネルディスカッション

講演者と報告者による全体討論

コーディネーター 松本 岩雄(島根県立八雲立つ風土記の丘)

シンポジウム2018 チラシ


基本情報

日時 2018年3月17日(土)  13:30~16:30
会場 島根県立八雲立つ風土記の丘
費用 参加無料(申し込み不要)
主催・共催等 主催:島根大学萌芽研究プロジェクト・朝日新聞文化財団文化財保護助成・

島根県立八雲立つ風土記の丘(指定管理者:公益財団法人しまね文化振興財団)

共催:島根大学法文学部山陰研究センター

備考 問合せ先:島根大学法文学部 岩本研究室 TEL:0852-32-6195