島根県立八雲立つ風土記の丘

    • English (United States)
    • 日本語
    • 한국어
    • 简体中文
  • facebook

講習会CLASSROOM

終了した講習会

朱は、鉱物の辰砂から生産される赤色顔料である。弥生時代には、中国大陸から朱(辰砂)がもたらされていたことが出土品や自然科学分析から指摘されてきた。いっぽうで、徳島県阿南市若杉山辰砂採掘遺跡の発掘調査によって列島内でも朱の原料となる辰砂を採掘していたことが確実視されるようになった。本講演では、近年の調査研究によって明らかとなってきた朱の生産方法を紹介したい。
また、山陰地域は辰砂の産出地が存在しないものの、朱関連資料が多く認められる特異な地域である。こうした地域ではどのように朱を入手し、何に使用していたのか、考古資料にもとづいて考えてみたい。


基本情報

日時 2023年12月9日(土)  14:00~16:00
会場 島根県立八雲立つ風土記の丘ガイダンス棟
講師 西本和哉先生(公益財団法人徳島県埋蔵文化財センター)
費用 200円
定員・予約 申込不要