島根県立八雲立つ風土記の丘

    • English (United States)
    • 日本語
    • 한국어
    • 简体中文
  • facebook

イベントEVENT

開催前のイベント

募集終了しました

 

古代に甘味料として使われていた甘葛煎。清少納言が「あてなるもの(上品なもの)」としてかき氷について記していますが、そこにかけられているのが「あまづら」です。『延喜式』では出雲国から「甘葛煎一斗」を貢進している記述があります。しかし甘葛煎は、原料も製造工程も現在に伝わっていない謎の甘味料です。

この甘葛煎を蘇らせる研究をしている前川佳代氏の指導の下、出雲で甘葛煎の再現をしてみませんか。


基本情報

開催期間 2022年3月5日(土) ~2022年3月5日(土)  13:30~16:30
会場 島根県立八雲立つ風土記の丘展示学習館
講師 前川佳代 氏 (奈良女子大学大和・紀伊半島学研究所古代学・聖地学研究センター協力研究員)
費用 参加費:200円
定員・予約 定員15名(要申し込み)
備考 軍手・帽子・汚れてもよい服装